メニュー 閉じる

モバイルルーターと各社の呼び方について

日本には大手通信会社が各社あり、その傘下にはさらに細分化した
格安系の料金体系をリリースした子会社などが存在しております。

さらに新規参入してきた外部資本の会社が、大手から通信枠をレンタルして
ユーザーに格安で利用出来るシステムを展開しているのです。

サービスは各社の購買活動と結び付き、コストパフォーマンスに優れた料金体系を実現しております。

wimaxは通信会社の1社がモバイル回線を使った無線システムに対して、
呼び名を付けたサービスになるのです。

モバイル回線

上りと下りの最高速度と最低速度を提示し、月額約4000円程度で高速通信が可能なサービスになります。

マルチ端末対応で通信が出来たり、プランによっては複数の会社のメディアも
そのまま回線に繋ぐことが出来るのがメリットになるのです。

wimaxだけではなく他社には呼び名を変えた類似サービスがあり、展開するエリアや
月額の値段や使用出来る容量などの差がありますが、基本的には
モバイル回線のルーターサービスだと考えて間違いありません。

wimaxはその中でも有名であり、大きなシェアを持っているために代名詞的な存在になっております。

これからは5Gなどの高速回線がエリア拡大するので、モバイルを強化する
無線ルーターの普及がさらに進むと予想されているのです。

wimaxとWiMAX 2+とは

wimaxとは高速の無線回線サービスの一種になります。
自宅では優先のLANを使い、外出先でも高速のインターネット環境を使いたい場合には
利便性があるシステムです。

また賃貸などで電話回線やLAN回線がなく、工事も出来ないなどの制限がある時にも
wimax系のサービスを使えば、キャリアよりも安定して速度を出せる無線環境を作ることが出来ます。

WiMAX 2+とはさらに速度を上昇させただけではなく、
大容量プランとして設定された回線サービスになります。

月額単位で課金して制限なしで使えることが大きなメリットになるのです。
注意点としては使い過ぎ防止の観点から、3日間で10GBを超過した時には
通信制限が課せられて、時間が経過するまでは低速のインターネット接続に切り替わってしまいます。

実際に運用した時には3日で10GBを超過するかなど、
自分の使い方とデーターの容量を試算しておくことが重要です。

データ容量の把握

通常ならばWiMAX 2+であれば過不足なく容量には不足はありません。
大きなデーターを頻繁に送付したり、大容量のゲームを高画質できびきび動かすなど、
データーの大きな物に関しては注意が必要になります。

大幅にオーバーする場合には、有線を適宜に利用するなどの工夫が必要です。