二次会景品でサイズ感が大きすぎ・小さすぎるものはパネルを用意しましょう!

取り扱いしやすい形が理想的

二次会景品の候補は非常に数多くあり、色々な人の好みに
合わせられます。

ただ全てが小さなサイズではないため、持ち帰りのことを
考えなければなりません。

豪華な二次会景品の中にはテレビなどの大型家電もあります。

もし女性だけで参加しているとしたら、とても持ち運べる
ものではありません。

そんな時に活用できるのがパネルで、引換券方式となっています。

目録

実際に当たった場合でも後日に交換する形で、当日に受け取る
のは引換券のみです。

そしてその引換券で申し込みをすると、手元に届けてくれる
という流れです。

またパネルは二次会景品が小さすぎる場合にも有効活用できます。

基本的に大きさが統一されているため、小さいものだと
拡大表示されるからです。

携帯音楽プレーヤーなどのハイテク機器はコンパクトさが
魅力のものが多いですが、それは広い会場だと確認しづらい
というネックになってしまいます。

そんな問題を解決する役割も持たせられます。

景品の選択肢が広げられる

古くからのビンゴ景品といえば、使い道に困る置物や食器
などが定番でした。

しかし現代ではそのバリエーションは非常に広くなっています。

参加する人が本当に欲しいと思えるビンゴ景品を用意することで、
より場の盛り上げに繋げられるでしょう。

最新の家電や旅行券が定番としてよく選ばれます。

また話題のGoogle Homeといったハイテクスピーカーや、
特殊な調理器具などは自分からは進んで購入しない人もいます。

そんな人に新しい発見に繋がる機会を与えられるのも
ビンゴ景品の強みです。

食べ物

食べ物であれば貰って困ることが少ないため、ビンゴ景品と
しては最適です。

そしてそこでもパネルが活躍できます。

会場に直接持ち込める食べ物はせいぜいお菓子や果物程度で、
範囲が限定されてしまいます。

それが引換券方式だと、冷凍が必要なお肉や海鮮にまで
広げられます。

価格の関係で脇役になりがちな食べ物が、豪華家電に並ぶほどの
魅力になります。