メニュー 閉じる

安い価格で導入ができるのがモバイルルーター

今では一般家庭の約80パーセントでインターネット環境が整っている時代となりました。
オンライン授業やテレワークという新しい生活様式が確立されており、今から導入をしようという方も大勢いらっしゃるでしょう。

基本的にはネット回線を新しく整備をするには工事が必要です。
しかし、現在では手軽に扱える工事不要のモバイルルーターというものがあります。

このアイテムの特徴は、ワイヤレスでデータ通信ができる点です。
工事が必要なのはLANケーブルも用いて光回線に接続をするため、
このケーブルを敷設するための作業が必要でした。

ところがモバイルタイプは文字通り、無線通信となります。
各社メーカーから販売をされている情報通信装置で、もっとも多いのがコンセントに取り付けて利用をするものです。

コンセントに取り付けるのは電源の確保のほかに、自宅内の電気配線を
アンテナの役割を持たせるからです。
この情報通信装置は利用料金が非常にお安く、携帯電話を新しく契約するときと
同様の手続きで手に入れることもできます。

スムーズに繋がる回線

ただし、高速通信には対応していないので、この環境を用意したい場合は
別の端末を導入して利用することになります。

wimaxなら高速通信が可能

モバイルタイプの場合は利用料が安い点が魅力です。
しかし2021年時点で500Mbpsまでの通信速度しか実現できていないため、
ストリーミング方式の映画を見たりオンラインゲームをおこなうには
物足りなさを感じるものでしょう。

高速処理を叶えたい場合は、ポケットWi-Fiを利用するのをおすすめします。
このポケットWi-Fiの特徴はwimax技術を導入されている点で、
最大で1Gbpsの速度でデータ通信が行えます。

簡単にwimaxについて解説をすると、2015年の新方式として確立をされました。
次世代通信とも呼ばれており、wimaxは今ではIoT技術の筆頭であるとも言われています。

wimaxの利点は地下や自動車の中でも快適にインターネットがおこなえる点です。
wimaxはいままでの無線規格とは異なっていて、非常に長い周波数で通信がおこなえます。

利用料は月額8000円以上と少しお高いですが、オンラインゲームや動画・
映画配信を楽しみたい方にはうってつけのサービスです。

安い通信回線

各社通信会社で利用ができ、自宅だけでなく外出先に端末を持ち歩いて活用できるのも魅力です。
wimaxであれば同時に複数台の端末接続も可能になります。