メニュー 閉じる

無線通信のための技術

wimaxとは無線通信技術の規格のことです。無線LANの通信技術の規格ではないことが、特徴になっています。
標準規格の母体も、無線LANの通信技術に使用されているものとは違っていています。

新しい通信技術

無線LANの通信技術に使用されている標準規格の母体はIEEE802.11ですが、
wimaxの標準規格の母体はIEEE802.16です。wimaxの周波数帯域は、2GHzから11GHz帯までです。

最大伝送速度は74.81Mbpsでこれは20MHz帯時における速度です。
チャネル幅は、1.25MHzから20MHzの間です。変調方式はOFDMAでQPSKや16QAM、
64QAMなどの種類があります。

OFDMAとは、複数の利用者をOFDMによってアクセス可能な状態にする方法のことです。
セルの半径は、2キロメートルから10キロメートルの範囲内です。
2004年の6月に策定されました。

通常の規格で使用されている技術に、移動体を想定したハンドオーバーの仕様を
プラスした種類の規格もあり、このような規格のことを特にモバイルwimaxと呼んでいます。

なお、ハンドオーバーとは、接続する基地局を切り替えることです。

マイクロ波アクセスのための規格

wimaxとは、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」という言葉を縮めた言葉です。
日本語に翻訳すると「マイクロ波アクセスのための世界的な規模の相互運用性」という意味になります。

wimaxはもともと、利用者と基地局間の長距離の固定無線通信を目的としておこなわれていた歴史があります。
固定無線通信は英語で「Fixed Wireless Access」と言い、FWAという短縮された言葉がかわりに使用されることも多いです。

こうした固定無線通信は、IEEE802.16-2004で策定されていることが大きな特徴になっています。
この企画のことをwimaxと呼んでいます。

標準化が進められていますが、これは違う種類の器機を相互に接続できるようにするためです。
日本ではモバイルwimaxの技術が携帯電話などに使用されています。

モバイル通信の技術

高速モバイル通信サービスとしてこうした無線通信を提供している会社もあります。
通常の規格とは性能の面で若干の違いがあり、20MHz帯時の最大伝送速度は75Mbpsです。

チャネル幅が、1.25MHzから20MHzであるところは共通しています。