メニュー 閉じる

通信制限やつながりにくさがある

WiMAXをおすすめできない家というのは存在しています。
具体的にどんな家なのか、気になる人は少なくありません。

まず、いつでも無制限でデータを使用したいと考えている人には向いていませんので、注意が必要です。
特に3日で10GBという制限が設けられているため、いつでも無制限でデータを使いたいと考えているなら、避けたほうがいいでしょう。

データ容量の制限

WiMAXを使って、いつでもどこでも無線で快適にゲームや動画を楽しみたい人向けではないといえます。
できる限り効率よく利用できるように、使い方を工夫するという人には向いていますので、確認することが必要です。

特に家の中で障害物の多い場合は、おすすめできません。
障害物の多い家の中や屋内ではつながりにくいことが、使用した人の口コミでも明らかになっています。

無線通信の周波数の影響で屋内通信は遅めだという口コミも少なくないことから、自宅用で使うのではなく、
あくまでも屋外で割り切って使うタイプ向けです。

使う場合は事前に確認し、家の中に障害物を置かないようにするか、
屋外でのみ使用するのかを決めて契約することが必要です。
それが難しい場合は契約をおすすめできません。

WiMAXの料金プラン

WiMAXはプランが少ないため、他のモバイルWi-Fiよりも割高となってしまいます。
選べるプランはライトプラン・ギガ放題の2種類のみとなっているため、料金が高いと実感する人も少なくありません。

特にライトプランの場合、月額7GBしか利用できないことから、あまり契約していない人が多いです。
契約内容をよく確認してから契約しないと、毎月高額な費用を請求される恐れがあるため、事前に確認してから契約することをおすすめします。

契約内容の確認

また、WiMAXは利便性の高い物ですが、プロバイダの関係もあって
料金が高いと実感する人が少なくありません。
というのも、実はほとんど3年契約のプロバイダだからです。

3年以内に解約をすると最大3万円程度の違約金を請求されることで知られています。
できるだけ違約金を支払いたくないという人や、3年も契約の縛りがあることに抵抗を抱く人にもおすすめできません。

WiMAXを契約する前に、プロバイダとプランの2種類の情報をよく見て、
納得したうえで契約を結ぶことが重要といえます。

WiMAXだからこそのメリットはたくさんありますが、デメリットが自分のライフスタイルに合わない場合には、契約しないほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)