メニュー 閉じる

WiMAXは海外でどうして使えないの?

海外でwi-fiを使う

場所を気にすることなくどこでも比較的安定して、安くで使用できる便利さで特に人気の高いWiMAXは、今ではモバイルWi-Fiの象徴的存在ですが実はこの便利なWiMAX、残念ながら海外での使用は不可能です。

料金が安く安定した通信が実現できるのは国内に限られているのが現状で、海外で使用することができないのですが、その理由はWiMAXに限らず多くの国内の回線においては、国内ローミングの対象エリアでないと利用できないのです。

ですから当然海外での回線についても、国際ローミングの対象エリアでのみ使用ができます。
国内のみならず国外での使用も検討したいという方には、加入する携帯電話会社のサービスを利用する手続きのうち、今現在国内で契約をしている携帯電話などを追加して国外でも同じように利用できるようにする国際ローミングのサービスを確認する必要があります。

国際ローミングサービス以外の手段として、以下のような代替案も検討の勧めとして参考になります。
国外で利用可能なモバイルWi-Fiの使用や現地のフリーWi-Fiを利用する、また・海外用SIMを購入して差し替えるという手段などが挙げられます。

 

モバイルWi-Fiのメリットデメリット

 

海外でモバイルWi-Fiは、各地の訪れた空港のカウンターが設置されているのが特徴で、手続きはカウンターで予約したりまたは事前にウェブで予約して行います。
そしてカウンターかあるいは郵送という形で受け取り利用開始になります。
モバイルWi-Fiは海外でWi-Fiを利用したい方にとって、最もよく利用されるスタイルとして支持されており、特に空港にいながらそのままやり取り可能という利便性が高く支持されているのが特徴です。

しかし国により郵送のみであったり、郵送を選択することで当日にすぐ借りることができないという不便性もあり、特に注意が必要なのが海外向けのモバイルのWi-Fiは料金が高いという現実です。

海外の利用料金

国内と海外で料金相場を比較すると、国内ではこのモバイルのWi-Fiが1ヵ月おおよそ4千円程度であるのに対して、海外向けのモバイルのWi-Fiになると、たとえ1日300メガバイトプランであったとしても、1日だけでおおよそ千円程度の費用がかかるとされています。

1か月で4千円の国内相場と比べ、海外ではたった4日分で国内の1か月の費用に相当してしまうことから、1か月の予算も割高で1万円以上は想定する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)