メニュー 閉じる

GMOとくとくBB WiMAX

プロバイダーの選択の際に最も大切なのは、端末代金まで含めた実質月額です。
ただ、実質月額が大きく効いてくるのは長期利用の際ということになりますので、
短期利用の際にはその際は小さく他のメリットが優勢となり言えることがあり得ます。

まず最初に紹介するのは、GMOとくとくBBWiMAXインターネットプロバイダーでは
有名なGMOが出しているWiMAXです。

とくとくBBの特徴は、何と言っても月額の料金が2,079円~4,444円と格安であることです。
キャッシュバック料金が13,000円となっており、他にもっと安いプロバイダがあるのですが、
月額料金が他に比べ半額近くと圧倒的に安いということから実質月額料金も3,953円となり、
料金においてとくとくBBWiMAX他のプロバイダーに比べ安くなってきます。

料金プランがお得

この意味で、このプロバイダーはWiMAXプロバイダの中でno,1ということができます。

ただ、バックの料金が他に比べて幾分低いということから、利用期間が短い場合には
その恩恵はあまりありません。寧ろ短期間であれば、バックの料金や他のメリットが多い
他のプロバイダーの方が良くなるということもあります。

とくとくBBの利用を行う際には、契約年数以上の長期間利用を行うことが基本となってきます。

Vision WiMAX

次に紹介するのが、VisionWiMAXです。これはその名の通りビジョンというプロバイダーが提供しているWiMAXサービスです。
このプロバイダの特徴は、端末料金が上と同じ無料であるという点です。キャッシュバックはより安くなっています。

月額料金や違約金などを除けば、その他の条件は上記BBと大差ありません。
その意味で、BBとビジョンの違いは月額料金と違約金ということになります。

月額料金は、4,400円~4,950円となっており、上記BB以外のその他のプロバイダーとほぼ同じ料金です。
このように月額料金が高いことから、違約金も14,300円~28,050円も高くなってきます。

ネットにかかる違約金

これらのことを諸々含めた実質月額料金は4,396円となっており上記BBに比べると高いのですが、
その他のプロバイダーと比べると安くなります。

このプロバイダーの特徴は、端末料金が0円であるということと、事務手数料が0円であるということです。
またバックの料金も15,000円と、数あるプロバイダの中でも最も高い値段となっていますので、
とくとくBBと比べ短期間利用するという事で利用するのであれば良いものにとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)