ビンゴ景品の鉄板!たわし?!

ビンゴ景品の定番商品と言えば、電化製品やゲーム機、
プリペイドカード、図書券、株主優待券、ジョークグッズです。

しかし、それらは比較的上位の景品であり、そういった
比較的高価な品物ばかりを揃えてもいけません。

景品の数はある程度、多い方が盛り上がりますし、高価な品物だけだと
単なるプレゼント大会になりますので、ビンゴ特有のゲーム性を
演出するためにも、面白いハズレ商品を準備しましょう。

おもしろい

そのハズレ商品の鉄板となっているのが、いわゆるたわしです。

たわしは町内会の福引きなどでも、ベタなハズレ商品として
人気があります。

ポケットティッシュに次ぐハズレ商品の鉄板であり、下位の商品として
準備しておけば、上手く高価な上位商品との差が付けられます。

新入社員の方が高価な大型液晶テレビをビンゴで当て、反対に
ベテランの部長クラスの方がハズレのチープなハズレ商品を
受け取る、そういった普段とはまるで違う逆転現象が楽しめるのが
二次会の余興の醍醐味になります。

演出

参加費とビンゴの景品の関係

イベントの幹事を任された人は、その参加費を
どのくらいに設定するのか難しいところです。
もしも二次会でビンゴ大会を開催するようであれば尚更
景品と参加費のマネーバランスを重視しましょう。

決めること

景品により価値の差があるのは当然構いません。
ポイントは、その平均額がちょうど参加者の出費と重なることです。

中には盛り上がりも考えて参加費の何倍も価値がある
景品を入れてもいいでしょう。
はずれでも、笑えるようなユーモアある景品なら大丈夫です。

二次会で行うビンゴですから、一次会よりも参加人数が
減っていることも考えられます。
その代わり既にアルコールが入り気分が高揚している人や、
イベントとしての空気感が完成している期待も持てます。

期待

ですからしっかりとその情景を思い浮かべて企画を立てましょう。
少なくともすごく大きな損をする人を作ってはいけません。

楽しみながら盛り上がれることを前提に、みんなが納得できるビンゴが理想です。
それが実現できれば、次を楽しみにする人も沢山増えることでしょう。