メニュー 閉じる

WiMAXとLTEの2種類回線について

WiMAXとLTEは似ているようで、特性が違ってきます。この2つは基地局なども異なるため周波数帯が異なります。

WiMAXの場合にはどうしても建物に影響されて通信が悪くなることがあり、コンクリートでできた建物や地下など
の場合には電波を通しにくいといった性質があります。

LTEの方が周波数が良く障害物に影響されずに繋がりやすいという特徴があり、地下などでインターネットを多く使う方
などに向いています。料金にも差があり、WiMAXの方が安く抑えることができ導入しやすいです。

ギガ放題プランなどがあるので、月間の使用制限がないのでインタネットにつなぎ放題になります。しかしここで注意が必要なのですが、3日間で10GBまでという条件があるので気を付ける必要があります。データを気にせずに使いたい方などにおすすめになります。

WiMAXとLTEの違いについて

LTEは都心部エリア以外でも電波が良く、山の中でも不具合が起こらずに通信することができるのですが、料金プランが高くなる傾向にあります。速度に関してはどちらが早いといったことはなく、通信エリアの広さもほぼ一緒になり、日本全国の広いエリアに対応することができます。用途によってどちらの回線にするのか決めると良いです。

WiMAXとはLTEとは何か

WiMAXとは、UQコミュニケーションズが提供している独自の回線になり、簡単な設定で室内でも屋外でもインター
ネットを使用することができます。

ADSLや光回線などは限られた場所での利用になるのですが、WiMAXは広い範囲に対応することができるので、公園や
カフェなど屋外で高速の通信での利用が可能になります。

速度がとても速いので、動画も快適に視聴することができます。端末1つでインターネットに繋ぐことが可能で、工事が不要で配線もないので手軽に導入しやすいといったメリットがあります。

スマートフォンや、タブレット・パソコンなどさまざまな端末に対応しているので1台で複数のWiFi機器の使用が可能
になるので利便性が高いです。

LTEとは、大手携帯会社キャリアの回線と同じ回線になります。端末を購入するタイプとレンタルするタイプがあり
ます。

WiMAXとは違って低周波数になり障害物に回り込みやすく、電波が届きにくい場所でも快適にインターネットを使用
することができ通信速度も安定しています。

しかしWiMAXのようにデータ使い放題プランなどがないので、大量通信には向いていないといった特徴がありますが
レンタルタイプの場合には無制限プランを提供している場合もあります。

コミュニケーションの取り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)