メニュー 閉じる

WiMAXは地下鉄に乗ると繋がらないのか

地下鉄の回線について

WiMAXは地上と違って、地下だと使えないイメージがあり、特に地下鉄駅構内や、電車の走行中は電波が届かず、
繋がりにくいと考えられます。

WiMAXが使用している周波数は2.5GHzの周波数帯の電波なので電波自体は強いのですが、障害物があると届きにくく、
弱くなります。

携帯電話の回線がつながりやすい場所でもWiMAXが使えない場合がありますが、それは電波の強弱が関係しています。

しかしホーム内では回線が繋がるように回線整備が進んでおり、電波が入りにくい場所に中継器を設置することで、
電波を増幅してより遠くへ届けることで、障害物に弱い、また距離が短いというWiMAXの弱点を克服することで、
現在では地上で使用するのとまったく同じ感覚で使用することが可能になっているようです。

東京都内の地下鉄だけではなく現在は福岡や神戸などでも回線工事が進んでいます。
このため通信速度も速く、画像も鮮明なので、動画再生やゲームを車内で利用することも可能です。
走行中の電車内でも使用は可能ですが、ホームでの使用時と比較すると繋がりにくいようです。

回線整備を行っているのは駅のホームなので、電車の走行中は繋がりにくい場合があります。

電車が走行中で繋がりにくい場合の解決策とは何か

移動中の車内や下鉄での移動が多い場合に、地下でカーブや遮蔽物があると、電波が届かなくなり、繋がりにくくなったり、通信速度が遅くなる、または電波が完全に遮断され圏外になる場合があります。

電波が弱い改善方法

この解決策としてLTE回線を利用して通信できます。オプション機能でプラスエリアモードを使用することで、対処することが可能になります。オプション機能を利用することでWiMAX回線に加えて他の回線も使用できるので安定した受信ができます。

ただし使用を希望する場合にはプランでオプションを設定し追加することと、また別途オプション料金が発生するので、現在のツールで使用できるのかを店舗で確認して、オプションに関係する手続きが必要になります。

またハイスピードプラスエリアモードを使用すると、WiMAXの電波がとどこかない地域でも、WiFiを使えるようになります。

しかしLET使用量が月々決められているので、設定以上の量を使用すると速度制限がかかる場合があります。

利用を希望する場合にはデータ通信量を確認したり、WiMAXのデータ通信量を抑えるために無料のWiFiを積極的に
活用して通信量をコントロールすることで速度制限にかからないように注意をすることで解決します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)